待望の蕾


5月13日、休日は雨と決まっているようだ(ちなみに昨日は仕事)
昨日はあんなに晴天で暑いくらいだったのに・・・
朝から弱い雨、午前中多少雨はパラつくものの薄曇りになったのを見計らって庭に出る



d0380314_16401740.jpg
残念ながら曇天だが庭は緑を増している


鋼製のアーチと枝のダブルアーチも緑に覆われてきた
d0380314_16380942.jpg


今年はアッシュウェンズデーに覆われたアーチが見られそうだ
d0380314_16394091.jpg



ちょこちょこジギの実生やら移植の際に溢れた球根が生えて雑然として汚いが
クレマチスのミケリテも旺盛にツルを伸ばしてきている
d0380314_16392980.jpg


前庭は午前中しか日が当たらないので芽出しが遅いがかなり薔薇が伸びてきた
d0380314_16390793.jpg


南東の植え込みもすっかりグリーンに
d0380314_16391158.jpg


斑入りの枝も更にくっきりと絞りを見せる
d0380314_16365830.jpg


葉が全て黄色っぽくなる物も有った
これを見ると一瞬クロロシスか何かで弱っているのかと思ってしまう。汗
d0380314_16371767.jpg


ちゃんと新たに出てくる葉も斑入りになっているから面白い

d0380314_16371382.jpg



もうお気づきの方も居るだろう、やっとここでも薔薇に蕾が出現し始めた
もう暖かい場所では遅咲きが開花していると言うのに(笑)
写真はフランシス デュブリュイ
d0380314_16371049.jpg


これは昨年新苗で迎えたハイブリッドパーペチュアル、今年は紹介出来そうだ
d0380314_16372009.jpg


真夜にも蕾
そろそろ葉巻虫やら小さな甲虫やらが出てきて葉が傷んでいる
最初の消毒はいつにしようか、せっかく石灰硫黄合剤を使っているのでギリギリまで粘りたいところだが
d0380314_16372398.jpg


アンブリッジローズ、早咲きだけではなく結構な品種で蕾を確認する事が出来た
d0380314_16372890.jpg


一番大きな蕾を見せたのはジャクリーヌ デュ プレ
d0380314_16373770.jpg



薔薇はもちろんこれからだが庭ではオダマキの花の早いものが開花し始めた

d0380314_16381775.jpg
これは僕は植えてないのだが何か花苗を迎えた時にでも付いてきたのだろう
風鈴オダマキのように草丈が小さく全体に華奢だが花は赤と黄色という派手なツートンカラー
木の根元に生えているが少しずつ増えているみたいだ(笑)





前庭に行くとお地蔵様のようだった八重咲きカナダケシはいつの間にか天狗のウチワのようになっていた
d0380314_16383607.jpg



丸っこい可愛らしい蕾はミヤマオダマキ
d0380314_16385774.jpg

日陰に強いもののパーゴラが出来てから以前よりかなり暗くなったので花付きは以前より悪くなった
しかしこの種はとても増えやすいので絶える事は無さそうだ
d0380314_16382678.jpg
それにしても撮影すると肉眼では見えてない物がよく見えるから困る
よく見ると片付け忘れた野菜支柱が(汗)
横の薔薇はジャスミーナだが毎年ある程度凍害の出る薔薇で太枝の色が悪いのはそのせい
ジャスミーナはHZ5bにされているが僕としてはピエールドロンサールと同等程度だろうと思った
しかしよく見るとピエールも5bだった(大汗)どっちもそんなに耐寒性は高くないと僕は思うがどうだろう。


これはお気に入りの風鈴オダマキ
この株は新たに種で増やしたもの、風鈴オダマキは種が実ると積極的に種を蒔いているが発芽率はあまり良くない
ミヤマオダマキが蒔いても蒔かなくてもやたら実生が出るのに対してこの種は殆ど出てない
d0380314_16383172.jpg


ただオダマキが故にいつかは親株が無くなってしまうので更新が必要
下の写真の小さい葉の方は風鈴オダマキの親株、すっかり勢いが無くなって弱ってきた
ちなみにやや大きめの葉のオダマキもすぐ近くに生えているがそれはミヤマオダマキの実生
d0380314_16383919.jpg



GWには黄色い妖精と称して黄花カタクリを紹介したが白花も有る
ただこちらはちょっと日当たりが悪すぎる事と黄花カタクリのように強健ではないので殆ど増えてない
今度主庭の方に植え付けてみようか、あちらもどの道日が当たるのは初夏まで間だが春は直射が長く当たる森のような環境だ
d0380314_16385491.jpg


ここは塀に囲まれている上にパーゴラまで有るので殆ど日が当たらない
どちらかと言うと針葉樹林の下にでも生えているような過酷な環境だ
いや僕がそうしてしまった、耐陰性のかなり高いもののみしか生き残れない
d0380314_16384387.jpg




また主庭に戻ると
早咲きのアスチルベも穂の姿が見えてきた
d0380314_16400859.jpg

芍薬も蕾を膨らませている
d0380314_16381355.jpg



早咲きのクレマチス、アトラゲネ系のフローラリアの蕾もグングン膨らむ

d0380314_16395378.jpg


まだあまり綺麗な状態じゃないが蕾が膨らんで花が咲く頃には見栄えも良くなっているだろう(笑)
このツルを守るためにパーゴラもどきの色を塗るのも諦めた

d0380314_16394481.jpg


とても楽しみな美しいクレマチス

d0380314_16394891.jpg



そしてもっと楽しみにしていたウェッセルトンだったが・・・
蕾はたったこれだけ(涙)
d0380314_16395779.jpg
越冬後殆ど根元で折れていたというかちぎれていたというか・・・
まあ根は育っているだろうからまた今後に期待。


今の庭はこんな感じで植物たちの成長が進んでいる、最近は六月並みの気温が続いていたりで庭の成長は早まり
見ている方も忙しいくらいだが成長がとても嬉しい今日この頃。
実はGWに開花するかも?と期待していたティアレラの開花も始まった
この記事と一緒に紹介しようと思ったが写真が多すぎるので別にすることにした。
d0380314_16374489.jpg
春は妖精のようは花たちがどんどん咲いてくれるがこのティアレラもまるで妖精のような雰囲気を持った花だ
そして庭が勢いを増す頃に開花してくれる僕の心の中でもスイッチのような存在の花
次の記事で紹介するのでどうぞ宜しくお願いします。


ランキング用バナーです お帰りの際はポチっとお願いします。
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
[PR]
Commented by nyaon-n at 2018-05-13 20:46
つきいろさんのブログを読んですっかり宿根草の魅力にとりつかれつつあります!オダマキはアトラタとブラックバローをお迎えしました。
オダマキは種蒔いた方がいいみたいですね。
株の寿命がそんなに長くないんですね~
Commented by るしぇ at 2018-05-13 20:54 x
つきいろさん こんばんは〜!
今日にピッタリの選曲ですね♪素敵だ〜〜(*^^*)

お庭、ほんとに緑が日に日に濃くなりますね
お写真みていると、なんだか森の中を散策している気分になります♪
バラも楽しみですね〜!((o(´∀`)o))ワクワク
Commented by YAN at 2018-05-13 21:48 x
お久しぶりです(^^ゞ

いよいよ楽しい季節ですね。やっぱりつきいろ邸は展開が早いですね、うちはまだ蕾は出てないです。もっとも、あんまりお世話出来てないんですが^^;

実は結構な細菌感染で療養してました。検査によると原因は左足の薬指を虫に刺されてそれが化膿したという何とも単純な話なんですが、何せ発症したのが連休中で診察してくれる皮膚科の病院もなくその間に発熱して、左足が太ももまで腫れて歩けなくなるぐらいになりました(||゜Д゜)

幸い祝日診察をやってくれる病院を見つけて、点滴、投薬、目にも症状が出たので点眼等を続けて、まだサワシリン(ペニシリン系の抗生物質)を飲んでますが金曜日の診察ではだいぶ回復した、との事です。僕はサンダルで庭仕事などやっていないのですが、運が悪いとこうなる事もある様です。一応注意喚起のために報告しておきますが、皆さんもお気をつけ下さいね。土曜日に久しぶりに庭に出ました(^^)
Commented by ミカ at 2018-05-14 02:29 x
今日は自宅からこんにちは^ ^
こちらはようやく蕾が出てきたところなんですね!
我が家は遅咲き以外皆咲き乱れているので、何だか不思議な感じがします^ ^;
でもこうして少しずつ緑が戻ってくる様子を見ていると、ワクワクしますね♪

オダマキ…こちらで見てずっと気になっているものの、まだお迎えできていませんが、来週は久しぶりに園芸店へ行きたいと思っています。
Commented by tsukiiro24 at 2018-05-14 21:47
> nyaon-nさん こんばんは。
そうですか?それは嬉しい限りです(^ω^)
オダマキ アトラタ、シックなオダマキですね~ブラックバローも良いですがアトラタがいいですね~(^ω^)
オダマキは株の寿命が短いので途中で株の更新の為に種まきして増やしていかなければいけないんですよね、でも出来た種を直播きにしておけば出るので難しくはないですけどね。
Commented by tsukiiro24 at 2018-05-14 21:50
> るしぇさん こんばんは。
母の日でしたからね、いいアレンジが有ったのでアップしてみました(^ω^)

そうなんです庭は日に日に緑が増してそれはどんどん加速度を増して行ってます、嬉しいです
秋になると本当に森みたいにボーボーになりますよ(笑)
薔薇はいつも本当ドキドキです、今年もちゃんと咲くか毎年ドキドキ咲くともう終わるかと寂しくなります(笑)
Commented by tsukiiro24 at 2018-05-14 21:58
> YANさん こんばんは。

そうですね、本当に毎日庭を見ていると気分が良いです(^ω^)
そちらはまだ蕾は出来てませんか、こちらは剪定の深いものはまだまだですがツルやシュラブ、鉢物は早いです。

細菌感染?なんだか危なかしい話が出てきましたね(^_^;)
虫に刺されて?今の時期の虫って一体。。。ダニ?汗
僕はアブやブヨの毒に非常に弱くてキャンプに行って噛まれると(あれは刺すんじゃなくて噛み切られるんですよね)足が倍くらいに腫れます、痛痒くて身体もダルくなります。
もしかしたら僕もその傾向が有るのかな?と思ってコメントを拝見していました
何はともあれ回復してきたようで本当に良かったです、これから一番良い時期ですからね、くれぐれも一番良い時期に庭仕事が出来ないなんて事にならないよう気をつけてくださいね(^ω^)

Commented by tsukiiro24 at 2018-05-14 22:08
> ミカさん こんにちは。
ご自宅から有難うございます、こちらはずっと日本ですがミカさんはフランスから見たり日本から見たりで変な感じなんでしょうね(^ω^)
そうなんですこちらと言っても北海道ですがやっと小さな小さな蕾が見えてきました
そちらはやはり日本の暖地くらいの感じですかね

オダマキは薔薇より早い時期に開花するのですが春から初夏までの橋渡し的な存在でなかなか良いですよ(^ω^)
Commented by nyaon-n at 2018-05-15 00:23
アトラタは赤紫から青紫まで色の幅があるらしいんですよ…種蒔いたら何種類か色々咲かないかな~と思っているんです(笑)
そんなに簡単じゃないのかしら?
つきいろさんのお庭で試してみたくありませんか?
1鞘おくりましょうか?(笑)
Commented by tsukiiro24 at 2018-05-15 06:24
> nyaon-nさん おはようございます。
赤紫から青紫ならいいじゃないですか(^-^)
オダマキは同種間交配してしまうので他の色が有ると残したい色が有っても色が変わってしまうのが本当は辛い所なんですよね、自家受粉も出来るので我が家では1品種に1色育てるようにしてます、それでも遺伝的に他の色の形質を持っていると他の色が出てしまったりします
でも赤紫と青紫なら逆に良いですね、他の色が出るかどうかは連れ帰るまでに他の色と一緒に居て受粉してたかで決まると思います(^-^)
試してみたいところです!ですがオダマキはメインの時期の前に開花するので場所が使えないのですよ、万年飽和状態の庭です。涙
お気遣いだけ頂いておきます、本当にありがとうございます!(^-^)

by tsukiiro24 | 2018-05-13 20:16 | 2018年の庭 | Comments(10)

2013年から続くつきいろの庭ブログ第三弾です


by tsukiiro24