香る庭で 6月10日の庭風景




6月10日の庭風景

フランシスデュブリュイに続き真夜が咲きました
d0380314_21162758.jpg


もう既にボーボーの庭
この緑生い茂る感じがとても心地良い

d0380314_20580932.jpg

庭の奥ではレーヌデヴイオレットが開花を進める
昨年までは手前に見える開花前の薔薇ロイヤルジュビリーの右横に居たレーヌデヴィオレットだが
ステムの長すぎるロングジョンシルバーをパーゴラもどきに誘引したので
空いた場所にシュートを引っ張って壁面誘引してみた、薔薇の着せ替えである
伸びる薔薇は自由度が高くて本当面白い

d0380314_21005489.jpg

今年は開花前に暑い日が続いたせいか色が明るめ

d0380314_21004203.jpg


あまり花もちが良くないのでもう少しすれば早く咲いたものは散ってゆくのだろう
d0380314_21004632.jpg


フランシスデュブリュイも開花を進めている
d0380314_21110613.jpg


何故だかまた滲んでしまう、どうもブログの指定画像サイズ以下でアップロードしないと画像劣化してしまうようだ
どの道サイズが小さすぎて劣化してしまったけど、この滲みがどうも許せない。怒
d0380314_21110960.jpg


雰囲気だけお伝えするしかないのだがとても良い開花だ、そしてやはり濃厚に香っている
d0380314_21005841.jpg




小さな花が多いので判りにくいが宿根草の小花がかなり咲いてきている
d0380314_20575742.jpg


毎年のことだが嬉しいことに薔薇の咲く頃に宿根草たちが咲き誇ってくれる
しかし残念な事にアイスバーグは今年もあまり良くない、昨年よりは良くなったように思うがどうしたものか。涙
d0380314_20583071.jpg


なんだかギュウギュウだがそれぞれによく咲いてきた
今日は先日大雨が降った時に倒れてしまったり株が開いてしまった草花を紐で括って起こしたり
長過ぎる薔薇のステムを折れないように括ったり、地道な作業をしていた
d0380314_20590186.jpg


元は奥にしか無かったアストランティア
ベニス?う~んという株の花、咲くと淡くなってマヨールなんだかベニスなんだか判らなくなってしまう。汗
d0380314_21022555.jpg

こちらはマヨール、ここは元々アストランティアは無かったのだが
アスチルベを前にずらしたときに空間が出来たので減らす為に株分けした余ったものを入れてみた
ベニスも色がおかしかったので一緒に横にいれていた、今考えれば入れるほどの空間でも無かったのだが
悪くないのでしばらくはこのまま楽しませてもらおう
d0380314_21022287.jpg


昨年から仲間入りしているオリビアローズ、これは小さな巨人
大きくなっているのも見かけるが我が家では大きくなってない
でも30本くらい有るステムの全てに蕾が付いて優秀さを感じずにはいられない薔薇
その代わり房は殆ど無い。涙 株が小さいので剪定が甘かったのかな。
d0380314_21024336.jpg


こちらは新入りのダマスク、我が家にはダマスク系の薔薇はこれしかない
でもあまり香りは無いらしい、昨年はちょっとしか咲いてないし鉢植えだった
しかし昨年の間に大きく育ったので今回モダンだとどうも成長が思わしくない場所で挑戦してみることにした
d0380314_21022803.jpg


下の画像の一番左下には
d0380314_20575742.jpg


ペンステモンのグレバー
昨年元気に伸びていたが冬を越すと葉が半分以上枯れてしまっていた。涙
夏は涼しくないと駄目だし極寒も駄目なら絶望的じゃないか
ブルーとパープルのグラデーションがとても気に入っていたのに
ちなみに上の画像のペンステモンの上のブルーはゲラニウムのオリオン
d0380314_21014710.jpg


シルバーリーフのアルテミシアももう少し
今日はフェスツカの穂も取ってしまった、じゃないと僕の予定草丈よりも高くなってしまうから
穂が無い状態でちょうど良いのだ、これでアルテミシアがフェスツカの株元を覆うように伸びてくれれば完璧なんだけど
d0380314_20585441.jpg


フェスツカの穂の茎はとても丈夫
試しにドアの取手に縛り付けてみたが全くちぎれる事は無かった
d0380314_21002521.jpg


ジャクリーヌは入れ替わり咲いているが日差しと雨で相変わらず綺麗な開花が撮影できないでいる

d0380314_20592747.jpg


右側手前に目をやるとアルケミラモリスが咲いている、ちょっと癖のあるハチミツのような甘い香り
d0380314_21033757.jpg


ジュビリーセレブレーションを挟んでアルケミラと対になっているのはアストランティア
こちらはグリーンがかる白、アルケミラ越しに見た様子
d0380314_21033338.jpg


光を浴び美しく咲いている
d0380314_21033072.jpg


今ちょうど芍薬も咲いている
d0380314_21020820.jpg


豪華な花だが先日の雨でグッタリうなだれてやっと今日直す事が出来た
赤紫とピンクを合わせたような色の芍薬も咲いているが撮影する時間が遅く開きすぎてしまっていた。汗
d0380314_21015345.jpg


優雅に咲き誇る
d0380314_21021140.jpg

赤紫のスポットが入る白い芍薬
まるで羽毛のような花弁
d0380314_21020273.jpg



アーチを見事に覆ってくれたアッシュウェンズデー
早咲きなので見頃はもうすぐ、余ったシュートが勿体無いので手前にも少し広げている
d0380314_21000068.jpg

薄茶か薄茶と薄紫を合わせたような色合いになるが僕は薄紫がかる感じが特に好みだ
d0380314_20331545.jpg

何とも言えない絶妙な花色
d0380314_20331844.jpg


上のような状態は意外に短くすぐにロゼット咲きに変わる
d0380314_21011930.jpg


元気なシュートが伸びてくれたので房も多い、これからが楽しみだ
d0380314_21135658.jpg

ステムも長く無いので景観を作りやすい薔薇
しかしこれ以上伸びてくると制御の難しい薔薇でもあるだろうと予想している
しなやかだか刺多めのシュート、開花後強めに剪定しようか・・・
d0380314_21135902.jpg


主庭の外ではルイーズオディエの開花が進む、これも養分が余って一部シュートを旺盛に出している切り詰めようか迷うところだ
d0380314_21023164.jpg


おそらく初登場のフィリペンデュラ ブルガリス
ロクベンシモツケと呼ばれる宿根草
d0380314_21023526.jpg


フィリペンデュラと言えば京鹿子を思い出すがこれは下葉だけが茂り穂がスーっと長く上がってくるタイプ
迎えたのは良いが使い道を考えると植え場所に困り前庭のシェードガーデンに植栽していた
さすがに日陰すぎたようで花はまともに咲いてなかった
昨年モナルダを移植しちゃんと日の当たる半日陰に移植しておいたので今年はちゃんと花を楽しめた
これからは毎年花を見られることだろう
d0380314_21023946.jpg

その名の通り六枚の花弁の花が無数に平たく咲く
ネットで見ていると六弁のくせに八重咲きの方が多い(笑)
d0380314_21032392.jpg


真っ白で紹介されている画像が多いが実際はクリーム色っぽい、集合体で見るのも良いがそれぞれがとても綺麗な花だ
d0380314_21032687.jpg


前庭も蕾が沢山上がっている
d0380314_21013578.jpg

パーゴラの中のシェードガーデンもすっかり生い茂って良い感じに
外から見ると↑のような茂り方なのでかなり暗い、北東側なので朝から10時くらいまでの木漏れ日のみの環境
我が家の山野草の殆どはここに有る、今は都忘れが綺麗に咲いている・・手前にはピントが合ってないけど。汗
d0380314_21015037.jpg



南東の植え込み
バロンの開花が始まってきた
d0380314_21013280.jpg
先週シュートを切ったので寂しくなったが蕾はとても大きい
だが暑かったせいか開花始めはクリムゾンレッドだったのにピンクがかった赤色になっている。汗

この壁面の一番右にはマダムルグラドサンジェルマンがある
こちらもそろそろ開花が始まりそうだ
蕾がなんとも愛らしいアルバの薔薇
d0380314_21014074.jpg

さて今回はマニアックな薔薇がお好きな人にちょっと変わり種を
昨年アルシスさんで頼んだプリンスセス・オブ・ウェールズ
と言ってもハークネスではなくHPの薔薇
とんでもなく華奢な苗が来るが昨年中にちゃんと成長した
d0380314_21003060.jpg


あの苗を考えると非常によく育ったと思う
d0380314_21003498.jpg


面白いのはその性質、ステムの出方がモダンとは一味違う
まるでツルのように側芽から花が上がっているがツルでは枝を立てて側芽から花芽は付かないので
シュラブの性質と言えるのだろうか、モダンシュラブならこんな感じには蕾は上がってこないが
上に蕾が並んでいるのに下にも蕾が沢山上がっているのはとても不思議な感じがする
d0380314_21181573.jpg


もう一つ変わっているのは平べったい饅頭のような蕾、思わず笑ってしまう
でも見るからにボーリングしそうな蕾だ。大汗
花は傷みやすいブラッシュピンク、さて開花が始まったら養生していかなければ・・・
d0380314_21003883.jpg
庭は開花が始まっているがまだまだ序盤、今日はきっとやらなければ後悔すると
ハダニとうどん粉の薬剤散布を行った、だけど薬剤散布は今季二回目
実は一回目の薬剤散布でまくぴかが濃すぎたようで葉の弱い品種にシミが出来てしまった。涙
だって期待して購入したのにイマイチ葉に付着してくれないもんだから(大汗)
今回は気をつけて散布、展着剤も変えた、これで開花が終わるまで散布は無し なんとか頑張ってくれ!
d0380314_21162401.jpg
毎年同じ開花なんて事が無いのは当たり前の園芸の世界、だからこその楽しみも有る
さて明日はどんな開花に出会えるのだろうか、楽しみだ。



ランキング用バナーです 更新の励みになりますのでポチっとよろしくお願いいたします

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

[PR]
Commented by nyaon-n at 2018-06-11 06:51
プリンセスオブウェールズ!去年欲しかったけど悩んでやめちゃったんですよね~
実際に咲くとどんな風に開くのかな、凄く楽しみです。
芍薬綺麗ですね、いつか好みの品種をお迎えしたいと思うのですが…香りがあって翁咲きってなかなか見つけられないんですよね
Commented by みゃこ at 2018-06-11 09:56 x
こんにちは(^o^)
実はつきいろさんの前庭のパーゴラ、大好きです!
どれもこれも私好みのバラ、さらに中は素敵なシェードガーデン・・・バラが咲く前の緑のトンネルもイイですね!木漏れ日が気持ちよさそう♪
もちろんついきろさんの庭はどこの部分もため息ものの素敵な庭なんですけれども(*^_^*)
ついきろさんの庭、今年はどんな風景がみられるのでしょうか・・・画面の向こうで楽しみに待っています♪
Commented by tsukiiro24 at 2018-06-12 21:29
> nyaon-nさん こんばんは。

そうでしたかやめちゃいましたか(^ω^)
ちゃんと咲いてくれるのかはこれから判ります、楽しみにしていてくださいね
もしかしたらボーリングして一つも咲かなかったりして(笑)
翁咲きがお好きなんですね、香りまで求めますか~贅沢ですね(笑)
芍薬も良い香りがするものが有りますよね、我が家の白も香り付きです
素敵な芍薬に巡り会えるといいですね、僕はシベが綺麗でカップの崩れないのが欲しいです
もう無理ですけどね(笑)
Commented by tsukiiro24 at 2018-06-12 21:33
> みゃこさん こんばんは。
え~?本当ですか!有難うございます、こんなにセンス悪い組み合わせなのに嬉しいです(笑)
確かに植えてみたい薔薇を植えましたからね、薔薇はそれぞれ好みの薔薇なんですが組み合わせが・・・・汗
ここはパーゴラが無くてもシェードガーデンなんですが更にシェード化が進んでおります(^_^;)
薔薇を植える以前とパーゴラが出来てからの育つ植物が変わりました、でも概ね育ってくれて
日陰が好きなものは生き生きと育っています、特に日本の山野草系はシェードに強いのでオススメです。
今年はどんな庭になりますかね~今日は朝から本降りの雨でまだ降り続けています、最盛期はこれからですので楽しみにしていてくださいね(^ω^)

あ、リンク有難うございました、こちらもリンクさせて頂きますね。
by tsukiiro24 | 2018-06-10 23:15 | 2018年の庭 | Comments(4)

2013年から続くつきいろの庭ブログ第三弾です


by tsukiiro24