人気ブログランキング |

カヲリノニワ 2019



今日はカヲリノニワ2019という記事の題にしてみた
一番の見頃、と言いたい所だがバラは早咲きから遅咲きまで入れ替わりながら開花するので
一番の見頃というのは有るようで無い
しかし僕の気に入っているマダムイサークプレールとファンタンラトゥールが見頃を迎え
一気に満開に!という所で天候に邪魔されどうもこれ以上は無さそうなので
ここで一旦見頃という事にして紹介をしておこうと思う
今日は雨模様なので紹介は6月21日と22日の朝のもの。
d0380314_14594938.jpg

写真は主庭を入って左を振り向いた場所
かなり華やかになってくれた
ここまででちょっと痛かったのが晴天の日差し
今北海道は日の出が三時、日の入りが20時近くと異常な程日が長い
日差しも強くピーカンで晴れてしまった日は悲しいほど多くの花を失うことになる
先週末の雨に続き今週末も雨、朝から強風が吹きその後強い雨が打ち付けてくれた(涙)
しかし昨年の長雨を思うとハッキリ言ってこんなのは屁でもない
昨年はワンシーズン無くなってしまったような天候だったので僕自身庭の変化に驚いているくらいだ
薔薇の開花期の間全く天候が崩れず薔薇に最適な天候になることなんて夢のような話で
一ヶ月半から二ヶ月近くも穏やかに経過するわけなんてない(笑)
薔薇を思うとまるで自分がその天候に晒されているように痛みを感じたり辛さを感じる程の季節だが
今年は留守中にそれを感じながらも酷くはならずそれぞれに良い開花を見る事が出来ている事に感謝している


さて、庭の紹介
やっと前庭の開花が始まった
d0380314_14585612.jpg


ヴァリエガタディボローニャも沢山咲いてくれています
d0380314_14585132.jpg


今年は昨年より蕾は少ないものの開花数は多いかもしれない
d0380314_14585474.jpg



アブラハムダービーは完全に花が少ないが綺麗に開花中
d0380314_14585897.jpg


ヤングリシダス
最初の大きな花経の開花を終えてからの花
良い感じに開花中、今年はシュートが短いがいつもより綺麗に開花している
d0380314_14580216.jpg


ソニアリキエルも開花
とても良い香りが漂っている
d0380314_14580538.jpg

バロンとマダムルグラドゥサンジェルマンをメインに大きく仕立てたかったのでこの薔薇は小さく切り詰めたが
やはりある程度シュートを残してあげた方がよく咲くようだ、来年はもう少し考えようか
反発して伸びたシュートがビヨ~ンととんでもない場所から飛び出ていたりする(大汗)
d0380314_14580888.jpg


挿し木のルージュピエールも良い花を咲かせている
クリムゾンレッドだが嫌な感じのしない良い赤だと思う
あまり書いて来なかったが自分好みの色には結構厳しいのだ(笑)
d0380314_14581043.jpg



いつもの定点で紹介している主庭の光景
昨年は庭の主である僕ですら庭をあまり見られなかったので今年は結構庭を見に訪れている人が多いように思う
いつも驚かれるのは薔薇が大きいこと(背が高い)
沢山咲いていると言われるが自分的にはそれはあまり納得は出来ない(汗)
よく言われたのはつるバラが伸びないという事
急に家はつるバラが伸びないんですけど何故でしょうかね?と聞かれ
ん?土か?なんて思ってしまったが肝心な事をすっかり忘れていた
はっと思い返して答える
あぁ、はい、それは凍害です!間違いなく。
我が家は泣きそうな程辛い思いをして秋に全ての誘引を解いて葉を毟りギュウギュウに絞ったあげくシートまで巻いて
雪の下で越冬されているのだった、ご婦人達にはちょっと真似できない作業である
いや、でも仲良くさせて頂いている寒冷地、厳寒地にお住まいのブロ友さんならこの苦労は理解できるだろうし同じ苦労を味わっている方が殆どだろう
僕がブログを初めて北海道はバラ栽培に向いているから良いね、と何度か言われたことが有るが
バラ栽培において間違えた認識が一人歩きしている
少し続けた所で北海道はバラ栽培に向いている、はとんでもない間違いだと気が付かされた
続ければ続ける程にそれとは正反対の真実が待ち受けていたのだった(笑)
勝手なことを言いやがってと誰が言い始めたか今ではその言葉に苛立ちすら感じてしまうくらいだ(笑)嘘です。

d0380314_14582198.jpg


主庭で一番目立つマダムイサークプレール
今年は花が大きめで花数が少なめだがいつも通り美しく咲いてくれた
d0380314_14584813.jpg


日によって、時間帯によって色味が変わって見える薔薇だが
暖地では北海道のように赤紫色に近い色合いでは咲かないようだ
この薔薇は実際の色合いを再現するのが難しい
d0380314_14581904.jpg


良い感じに成長してくれたファンタンラトゥール
d0380314_14584439.jpg
とても美しい少しだけライラックがかったピンクの薔薇
迷っている方には絶対にオススメしたい薔薇だ、良い薔薇です
マダムイサークは先に述べたように育てる環境で色味の違いが出たり苗のうちはうどんこ病に苦労したりもするが
ファンタンラトゥールはそういう心配は無いだろう、まあ僕としては2種セットで迎えて欲しいくらいだが(笑)





昨年は早咲きが咲ききる前に雨が続いてお祭りのようなこの一番花のシーズンを棒に振ったような年だった
しかし今年は良い
昨年殆ど見られなかった景観、空白の一年を通り越し二年分の成長を見ているようだった
d0380314_14582776.jpg



今回は動画は無いのでちょっとずつ写真で進んでみる(笑)
残念ながらシャーロットは終わりかけだし まだ開花していない薔薇も多い
d0380314_15042588.jpg


庭の奥の薔薇も充実してきたのでとても綺麗な景観が出来上がっている
あともう少し

d0380314_14583011.jpg


ムンステッドウッドが少ししか見えないがあとの花は重すぎて反対側に倒れている(汗)
d0380314_14590269.jpg
あとは物置の壁面が何とかなれば良い、物置の壁面は開花は終わっているが右がレーヌデヴィオレット 左が白長春
どちらも早咲きなのでこの時期には花は終わっているが庭ではそれぞれの花がバトンタッチしながら開花していくのも楽しみの一つ
d0380314_15041133.jpg
わんさか咲きまくるのも良いが僕はこれからの蕾も沢山待機している状態も一緒に見るのが一番好きだ
d0380314_14583257.jpg





上の写真中央付近にはジュビリーセレブレーション
完璧な美しさを誇って咲いている
d0380314_14590510.jpg


庭の一番奥の景観
以前は違う薔薇だったが入れ替えてからやっと仕上がってきた
右手前からロイヤルジュビリー、奥の紫はブルーマゼンタ
真ん中の白っぽいのはまだ小さいがペネロペ、ポールがマダムピエールオジェ
そして一番左につるアイスバーグと続く
個人的には中央付近に芍薬の葉が挟まっているのが息抜きで良いと思っている
この中央で咲きまくるとさすがにくどいだろう。
d0380314_14593104.jpg


ブルーマゼンタはペネロペの上に持ち上げて垂らすつもりだった
しかしブドウ棚の端っこを渡って物置まで誘引している、結果こちらのほうが良かったように思う
d0380314_15125452.jpg



今年はERの花付きがあまり良くないが
ロイヤルジュビリーは昨年よりも良い
d0380314_15041738.jpg

ロイヤルジュビリーの左隣にはクリスティアーナ
昨年は全然蕾が上がらず咲いた花も長雨にあっという間に流されてしまっていた(涙)
今年はそこそこ開花しそうなので紹介出来るようになった
・・花弁が足元で汚くてすみません(汗)
d0380314_15040125.jpg

香りが有るので花弁は弱めだそうだが
花弁の繊細さを感じられる品種はやはり良い
d0380314_15040076.jpg



白に近い花弁にほんのりライラックピンクの花弁の多いカップ
これからが本当に楽しみな品種
d0380314_15035628.jpg



さてまた主庭手前側に戻る

d0380314_14594938.jpg


セプタードアイルの開花が始まる
美しく濃厚なミルラ香を漂わせながら開花していたが今日は強風で煽られて可哀想なくらいだった
d0380314_14582382.jpg



左側に目をやると大規模に改造した部分が有る(我が家としては)
d0380314_14591588.jpg


ここは新たに四本の薔薇を入れ替えた場所
品種は手前にステファニーグッテンベルグ、フリュイ
奥にレイニーブルーとバフビューティー
d0380314_14592046.jpg


特にこの組み合わせを楽しみにしていたのだが
バフは一昨年大苗で迎えて昨年開花するはずだったがまさかの突然の枯死、しかもとなりに迎えたばかりのシンベリンが有ったが
それも同時に枯死してしまうという前代未聞の事態が発生、我が家では枯死なんてまず無い事なのでかなり焦った
後にレイニーブルーのシュートの色が悪くなったように思い一番長く元気に伸びたシュートを怖くなって切ってしまう(涙)
どちらも上手くいっていれば今頃もっと素晴らしい景観になっていたはずだったのだが・・・
d0380314_14591787.jpg
ただやはり色合わせは良いと思うしどちらも花の大きさ開花期共にバッチリなので
今後にとても期待している二種。



ここの四種はどれもまだ開花が始まってきた所だが
一番最後に入れたのがロサオリエティスのフリュイだった
d0380314_14594170.jpg
ロサオリエンティスを地植えで育ててみたかった事も有るのだが
開花前に見せる蕾の赤が残りながら開花する様がギヨーのエリアーヌジレに似ているという事もあった
とても惹かれる品種だったがどうも上手く育っている情報が得られないので
こちらを選んでみた、僕にとってはこちらも冒険だが(笑)
ボーリングが多いらしいが取り敢えず上手く開花中


d0380314_14582198.jpg
薔薇の開花期も中盤を過ぎてきただろうか
今年は最後まで開花を楽しめる事を切に願う
そして昨年志半ばで奪われた開花期に書けなかった開花期の反省振り返って書けたらと思っている。


記事をご覧くださり有難うございました
つきいろのインスタはこちら↓


更新の励みになりますのでバナーをポチっとお願いいたします。
 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
Commented by YAN at 2019-06-22 22:05 x
こんばんは(^^)/

すごいじゃないですか(゚o゚)/
つきいろさんの庭の素晴らしさに今更ビックリする事もないんでしょうが、これは本当に楽園ですね。動画も楽しかったんですが、やはりひとつの画を見るなら写真ですね。スライドショーにしてテレビに映したいぐらいです(*'▽'*)

今朝はものすごい雷雨でしたね、なんとうちの近くに落雷したんですよ、家が揺れました(||゜Д゜)
市内をあちこち見ると、やっぱりうちの方面は遅い様で、まだニセアカシアが満開なんですよ、我が家の薔薇もダマスクローズが咲き始めたぐらいです。これからは晴れて欲しいですね^^;

今日は何も出来ないので、富士メガネにサングラスのレンズ交換をお願いしに行ったんですが、落雷や停電のあった日は、微妙な電圧の変化でレンズを加工する機械の精度が落ちる可能性があるので、開店前に新品のレンズを加工して精度を確認しています、今朝もやりました、と聞かされて、そこまでやるかとビックリしました。さすが職人気質で有名なお店です。尊敬しました(^^)
Commented by tsukiiro24 at 2019-06-23 21:31
> YANさん改め富士メガネの方 こんばんは。

やっぱり写真が良いですよね、ハイビジョンとかで撮影出来るのなら動画でも良いですけど
やっぱり写真には込められたドラマが有るというかそこから想像出来るものが有ったりするのが良いんでよね、構図を考えるのも楽しいですし(^ω^)
と言いながらまた懲りずに動画撮影してしまいましたけど、初めてなのでもう少し練習して楽しんでおこうと思いました。
全景を知ってもらう為の動画も劣化が激しいので今度は寄りの動画ばかりになってしまいましたけどね(^_^;)

本当酷い天候でしたね、あの雷はYANさんのお宅の近くだったんですか!それは凄い衝撃だったでしょうね。。。
そちらはいつも遅めなんでしょうかね、こちらはいつも市内の最高気温が出る方面と同じ区なので暖かいのでしょうかね。
雨は嫌ですがあまりに日差しが厳しいのも我が家の庭の向きでは厳しいのですよね(^_^;)
薄曇りか曇りで最後まで行って欲しいです(笑)

YANさんが富士メガネの回し者だったとは今回初めて知りました(笑)
僕はメガネはしてないのでメガネの事はよく解らないですが富士メガネは有名なお店ですもんね、今はおしゃれでリーズナブルなお店も出来ていますが細かな技術の面やアフターサービスで違いが出てくるのですね(^ω^)
皆さん、メガネは是非富士メガネで!
で良いですか?(笑)

Commented by YAN at 2019-06-24 20:28 x
僕はRay-Banのレンズを換えに行っただけで、別に富士メガネのまわし者じゃないんですが^^;

そんなに徹底してるのか、と驚いたんですよ。仕事をただこなすんじゃなくて、誇りを持って一生懸命やっている人を見るのは気持ちがいいですね(^^)

週末は15℃という信じ難い予報を聞いてますが、今年はずっとこんな調子なんでしょうかね。気温が上がらないので変に花持ちはいいですが、開花がばらついてしまっています。サレットは今日ようやく咲きましたが、まだシャルルドゥミルの蕾が開きません(ToT)

撮影も薄曇りが一番撮り易いですね。ピーカンは花が硬く写りますね。デジタルは再現幅が狭いので、尚更ですね^^;
Commented by tsukiiro24 at 2019-06-30 22:06
> YANさん こんばんは。

いいえ、YANさんは隠しても言い逃れは出来ませんよ!
ここで営業活動はしてはいけません!!

(笑)

この期に及んでまだ言ってますね(笑) 僕、すごく良くは無いけど裸眼で行けるので(笑)
言いたいことは解りますけどね、良い仕事をしているお店は必要ですよね、そんなお店がちゃんと有るのは嬉しいですよね(^ω^)

暑くなったり寒くなったりこの時期は安定しませんね、寒さよりも先週の暑さと日差しがとても辛かったですけどね・・南西向きの庭が恨めしく感じてしまいました。
暖かさでシャルルドミル開きましたか?

撮影はピーカンは本当辛いですね、銀塩は再現幅が広いのですね
初めて知りました!
色々考えると肉眼、人間のレンズって本当に凄いですよね(笑)






by tsukiiro24 | 2019-06-22 20:31 | 2019年の庭 | Comments(4)

2013年から続くつきいろの庭ブログ第三弾です


by tsukiiro24
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31