人気ブログランキング |

フローラリア咲く5月23日の庭





5月23日の庭風景

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20092112.jpg

ここ最近肌寒い日が続いていたが植物はノンストップで枝葉を広げあっという間に元通りの庭になってきた
今のところ薔薇に病気は出てないので殺菌剤の散布は無し
ただアブラムシが出てきているのでオルトラン液剤を散布した
今日は天候は良かったのだが風が強かった、週末になると天候が落ち着かないので強行したが
こういう日はやめておいた方が良いだろう、風が回って自分も消毒されてしまった(涙)



フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20092341.jpg


いつも出てくるハマキムシは今年は少ししか出ていない、アブラムシも全体で見るとそんなに多くはないのだが
小さな蕾にごっそり集っているのを見ると我慢できなかった。
僕が勝手に思っている事だが雪の少ない冬の翌年は虫が少ないように感じる
特に早くに根雪になるとその分越冬できる虫が多く虫が出てくるのも早いように思う
植物の越冬に雪の布団が有ると楽に越せるように、物陰に身を潜める虫にも優しい布団が必要なことが多いのではないだろうか


フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20092658.jpg
北東のパーゴラ
アブラハムダービー、パレード、ヴァリエガタディボローニャなど
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20104139.jpg


南東の植え込み
バロンジロードラン、マダムルグラドサンジェルマン、ソニアリキエル
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20104428.jpg



どんどん蕾が見えるようになってきた
まだ蕾がちゃんと見えていない薔薇が多い中もう萼が下りてきた薔薇が有る
きっとそれが今年の初開花になるだろう

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20100605.jpg


先週紹介したティアレラの花はもう終わり頃
今年は良い時期に一眼で撮影出来なかったが肉眼では楽しめたので良しとしよう(笑)
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20105722.jpg


バロンの斑入りは黄色い葉を広げてきている、もちろんクロロシスではない
ただこの苗には蕾が無い、同じ枝の下の方の挿し木は斑入りにならない代わりに蕾が有る

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20091298.jpg


ちゃんと斑入りの葉になるものと黄色に近いカラーリーフのような葉
元のバロンの緑色の葉と混ざって出てきている、安定してないのだろう

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20091445.jpg


これで花が咲いてくれたら面白いのに
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20091783.jpg



先週まではオダマキのチョコレートソルジャーの開花をお届けしてきたが
他のオダマキの開花も追いついてきた

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20101903.jpg


白が綺麗なミヤマオダマキ

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20101687.jpg


こっちを向いてごらんと言っても
これだけ咲いても誰一人こちらを向いて開花しないのだった(涙)

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20101454.jpg



蕾はランタン、花はランプシェードのような愛らしいオダマキ

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20100944.jpg
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20105067.jpg




なかなかこちらを向かないので距を見ている(笑)

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20101277.jpg


青紫のミヤマオダマキ
こちらも見事にこちらは向かない気らしい、かろうじて一輪だけこちらを向いてくれている

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20102320.jpg



実は白だけ有れば良いのでこちらは抜いているの
しかしいつの間にか増えている不思議(汗)

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20102198.jpg


僕の好きな風鈴オダマキも開花が始まってきた

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20103119.jpg



他のオダマキに比べると針のように細い茎に小さめの花を付ける

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20103362.jpg


種が実る度に庭にばら蒔いているが沢山は増えてくれないのだった
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20102671.jpg



風鈴という名前が付くだけあってオダマキの特徴でもある角のような距が無い

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20102860.jpg



以前から紹介している上向きのオダマキ
クレメンタインのホワイト

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20103642.jpg



こちらはもう少し後で開花するようだ
最初の種から育てた株だがまだ元気なようだ

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20103912.jpg



この週末、主庭ではフローラリアが綺麗だった

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20104757.jpg



アトラゲネ系のクレマチス
マクロペタラ フローラリア

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20105413.jpg


幻想的な薄紫が美しいクレマチス

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20084662.jpg



昨年弱ったマクロペタラウェッセルトンは枯れてしまったと書いたが
昨年は同時にこのフローラリアも弱っていた、アトラゲネ系のダメな年だった
さて何の影響なのか
2018年までには旺盛に咲いてくれたフローラリア
2019年は越冬後芽を持ったまま枯れ込み、その年に少し復活
2020年の今年はそのまま開花してくれた

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20085025.jpg



昨年は一昨年の開花が嘘のように哀れな開花だったのでそれを思うと今年の開花は少しホッとしていた

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20095351.jpg



ここは薔薇は無理なのでクレマチスにと思って深く土壌改良を行って植え込んだが
薔薇が無理なのにクレマチスが行けるかというとそれは甘かったかも知れない(汗)
ちなみに反対側に植えたセンニンソウは特に土壌改良も施さなかったが全く平気に育っていた
10m近くボーボーに絡みつきながら伸びて新枝咲きなのでそれを秋に全て外して捨てていたのだが
あまりの量に逆に僕が音を上げてしまった(大汗)
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20090300.jpg



僕は旧枝咲きはツルを外さないのでフローラリアの為に木部の色塗りを何年も我慢していたが
かなり切ない見た目になっている。。。
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20090938.jpg



ブルーのウェッセルトンも綺麗だが
フローラリアも負けず劣らず綺麗なクレマチスだ

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20090669.jpg



垂れ咲く姿がとても美しい
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20090130.jpg


フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20085848.jpg


花を吊り下げるように花軸が曲がっている

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20085464.jpg



クレマチスは薔薇には無い色合いが多く惹かれるが一番の違いは
クレマチスは花弁だと思っている物は萼だという事、花弁が無いものが殆どなんだとか
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20085230.jpg



マクロペタラの花は和紙っぽい質感ではあるがちゃんと繊細さも感じられる

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20100438.jpg




見上げることの多いクレマチス
いつも太陽の光を透かして美しいのだ
フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20095783.jpg



そうなるといつものカメラ遊び

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20095523.jpg




光を受け止めるフローラリア

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20100179.jpg


まるでガラス細工

フローラリア咲く5月23日の庭_d0380314_20095994.jpg



これからも変化を続ける庭をお楽しみに。




記事をご覧くださり有難うございました、よければインスタもよろしくお願いします







by tsukiiro24 | 2020-05-23 23:47 | 2020年の庭 | Comments(0)

2013年から続くつきいろの庭ブログ第三弾です


by tsukiiro24
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30